やわらかい鶏胸肉の甘煮を作ってみました

昨日近くのスーパーで安売りしていた鶏胸肉。
お肉を買うのは高いので、鶏胸肉を料理出来る様になるチャンスだと思い買ってみました。

すりおろしの玉ねぎにつけると柔らかくなると聞いた事があったので、今日出掛ける前に鶏胸肉を一切れに玉ねぎを半分すり下ろしたものに浸けておきました。浸けるというより、まんべんなく塗るというような感じでしたが…

そしてお出かけから帰って来て、玉ねぎに漬けて行った鶏胸肉をしょうゆとみりんと砂糖で甘く似て、どんぶりにご飯とキャベツの千切りを盛ってその上に鶏胸肉の甘煮を乗せて完成。

あとはサラダやお味噌汁と一緒に頂きます。

初めて作りましたが、確かにお肉が柔らかくなっていて、とても良い感じに仕上がりましたし彼氏さんにも美味しいと言ってもらえたので、良かったです。

鶏胸肉がまだ一切れ残っているので、他のレシピも挑戦したいと思います。

独身だと売れ残りと言われてしまうアラサー

婚活市場では売れ残り、売れ残りと言われてしまう年代であるアラサー。失礼だなと思う反面、確かにそうかもと思い当たるふしがあります。だいたい20代で就職をするのが一般的である程度落ち着いてくると恋愛も考え出しますね。アラサー世代になってくると自分の生活パターンがほぼ確立してきます。実家暮らしであれば両親との関係によって気心知れたラクな生活環境ですし一人暮らしであれば自分のペースで何も気を使うことのないフリーな生活。そこから恋人を作ろうと思うとその生活パターンをかえていかなければいけません。まず、出会いの場も難しいですよね。大人になってから親友をつくうことが難しいようにアラサーになってからいざ恋人を作ろうとするとなかなか出会いがありません。ましてやアラサーであれば恋愛ということだけではなく将来を見据えることのできる相手を探そうとします。そうなると必然的に条件がでてきますよね。好きという気持ちをもてる恋人を探すということだけでも大変なことにくわえ職業や両親との同居、さらにはアラサーになってくると離婚暦などもでてきます。人間関係の経験もつんで目が肥えてきたぶん、頭で恋人にできるか考えてしまいます。そういう理性的な考えがでてくることがアラサーは恋人を作るのが改めて難しいなと感じます。

1年の計が元旦にあるのならば・・・

新年2016年を迎え、今年の目標を改めて考えてみました。ダイエット、転職して収入と貯蓄額アップ、婚活してそれなりの成果ゲット・・・と目指したいものは多々あれど、まずはすべての基本となる日々の生活習慣からとなると、かなりハードルが高くなりそうですが「朝型人間になる」です。別に今もギリギリまで寝てあわてて家を飛び出しているわけではないけれど、でも準備だけで手いっぱいで時間を有効に使えているかというとちょっと疑問です。夜は夜で残業の多い仕事柄なかなか自分のために使う時間が取れないですし。朝もう少し早く起きること、出勤準備の効率化で、少しだけでも自分の成長の種になる何かをできたらいいな・・・とずっと思っていたことを、今年こそ実行に移したいです。具体的には語学や今目指している秘書検定の勉強、または運動不足解消のためのエクササイズでもいいかも・・・。そのためには必然的に夜は早く寝なくてはいけないから、健康にもいいはずだし、電気代だって少しは節約できるはず。一石二鳥どころか三、四鳥?といいこと尽くしのような気がします。・・・と宣言したからには、早速取り組みます。たまに失敗はあったとしても365日かけて実行していけばきっと習慣化できて何かが身についているはずと期待しながら。

雑誌を二冊も買ってしまいました

今日は本屋さんに行ってみました。本はかなり読む方なんですが、やはり買うのには抵抗がありますね。でも、普段買わないけどお正月なので盛り上がって二冊も買ってしまいました。一冊はタイツが付録についているヴァンサンカン。こちらはかなりブランド品とかが広告として出ていてすごいな?って思うばかりです。それから、美人百花を購入してみました。こちらは半分くらいが占いの内容でしたけどね。まぁ、占いは好きなので楽しく読みました。美人百花はAKB48の小嶋陽菜ちゃんが出ているのでよく知っていて、かわいい服をいつも来ているなぁって思っていたので、読めて大満足です。しかも今号は結婚できるお洋服ということで、かわいい感じの洋服が取り上げられていていいなぁって思いました。それから、占いの方も悪いことはなさそうなので、今年は思い切っていろんなことにチャレンジしたいなと思っています。幸せをつかむために自分から動いていきたいなと思うばかりです。

結婚にお金は大事

恋愛と結婚が必ずしも結び付くかと言ったら、全てではありません。恋愛は好きならばそれだかでOKですが、結婚はお互いの生活を共に一緒に作り上げていかなくてはなりません。なので結婚とは好きというだけで一緒にいれる訳ではなくなってきます。世の中の全てはお金が必要になっていきます。その面で高収入の男性では、金銭面的に困るということが少ないということです。良く夫婦間の間で揉めることはお金です。給料の中で遣り繰りしていくので、高収入であると生活もその分豊かに感じやすくなります。美味しいものも食べることができますし、趣味にも費やす事ができます。色々と買うこともでき自由に生活することができます。人の大抵は人間関係、お金で悩む事がほとんどですので、高収入であることは、その悩みの一つであるお金での問題もある程度解決されていきます。ですので、お金があるということに超したことはありません。お金があると心までも豊かになります。また視野も広がりやすくなるので、そうなると人脈も広げていけるので、安定した高収入の男性はとても魅力的だなと感じます。お金で幸せは買えませんが、お金によって安心感は得られるのです。ですので、収入はとても大事だと思います。 将来安定して心豊かな生活を送りたい女性は、お金持ちと出会うにはどうすればいいか真剣に考えてみるといいでしょう。

年末は冬気温・身体作り

クリスマスの少し前、大晦日までは10日ほどという時期で気温はどれくらいと気になります。ネットだとすぐにチェックできるのでYahooとか天気予報を比較、大まかなところはどこのサイトも同じみたいですが、マークの大きさとか微妙な差もありますからね。一年のしめくくり時期なのでさすがに気温は一ケタ台にスライドしてましたよ、二ケタは日曜までで月曜からは最高気温が一ケタ、冬らしいというものです。暖冬傾向と言ったって季節は冬ですから寒くなるのが普通、たまによく晴れてぽかぽかとか、日だまりみたいな気温になったら心も軽やかに歩けますね。中旬ごろに気温が低かったときにはカイロ使おうかなと思いましたが、セーブしておいて正解、これからの冬なら必要性が生じますから温まる身体作りと節約にはいい効果。衣類とか靴下などの小物で冬準備はまずいいところ、大掃除でもしながらエクササイズ、冬の身体作りはこういう日常からできたらスムーズですね。

年末の片づけはこれも

12月年越しを控えて整理整頓すべきことがいろいろ、キッチンの収納棚とかカラーBOXなどは日ごろから整理しているのでここは問題なし。年末は忙しいと心得て使わないけど残しておきたいものは収納グッズを買い、箱みたいなグッズに納まっています。最近読書はしていないのでこれまでに読んだ文庫本とか単行本などや、細々として普段使う頻度の少ないものは収納グッズに、この時期になると整理しておいてよかったなと思えます。カラーBOXにカーテンもしてちらっと見えても体裁がいいのでグーですね、シリーズものの単行本など入れるのに4個買い、一個の値段も324円だもの日常価格です。こういう具体的な物以外でもパソコンには整理すべき処やファイル、お気に入りバーも満載だったのでこれも整理しました。使うかもと思うページはバーでなくメニューバーのお気に入りリスト、画面上部にあるお気に入りバーがいっぱいってなんか落着かない気もしますからね。