独身だと売れ残りと言われてしまうアラサー

婚活市場では売れ残り、売れ残りと言われてしまう年代であるアラサー。失礼だなと思う反面、確かにそうかもと思い当たるふしがあります。だいたい20代で就職をするのが一般的である程度落ち着いてくると恋愛も考え出しますね。アラサー世代になってくると自分の生活パターンがほぼ確立してきます。実家暮らしであれば両親との関係によって気心知れたラクな生活環境ですし一人暮らしであれば自分のペースで何も気を使うことのないフリーな生活。そこから恋人を作ろうと思うとその生活パターンをかえていかなければいけません。まず、出会いの場も難しいですよね。大人になってから親友をつくうことが難しいようにアラサーになってからいざ恋人を作ろうとするとなかなか出会いがありません。ましてやアラサーであれば恋愛ということだけではなく将来を見据えることのできる相手を探そうとします。そうなると必然的に条件がでてきますよね。好きという気持ちをもてる恋人を探すということだけでも大変なことにくわえ職業や両親との同居、さらにはアラサーになってくると離婚暦などもでてきます。人間関係の経験もつんで目が肥えてきたぶん、頭で恋人にできるか考えてしまいます。そういう理性的な考えがでてくることがアラサーは恋人を作るのが改めて難しいなと感じます。